熊本で家を買う人のためのお役立ち情報ブログ

熊本でローコスト住宅を建てるなら「アイパッソの家」の一軒家。土地、中古戸建、マンションの不動産情報もブログで発信しています。土地探し、資金計画、住宅ローンのポイントなど、家づくりに役立つ情報も満載!

どうして日本で建てられる家は在来工法(木造軸組み工法)が多いのか?特徴やメリットデメリットをまとめてご紹介!

この記事は約1分58秒で読めます

こんにちは!松浦です。

サンタ不動産のアイパッソの家は木造住宅です。在来(木造軸組み)工法を採用して造っています。

実は、在来工法は日本全国で約8割の住宅メーカーが採用している工法になります。

どうして全国で約8割の住宅会社が、在来工法を採用しているか気になりませんか?

そこで今回は、在来工法の特徴やメリット・デメリットをまとめてご紹介していきます。

在来工法の特徴とは?

f7332f6a3edc14ac446c9152526a6064_s
在来工法(木造軸組工法)の特徴は、上の写真のように、土台・梁・柱で構成されていることです。

日本で古くからある伝統工法を発展させたものです。

メリット


●自由度が高い
柱と梁で構成されているため、構造的な制約が少ないので、ほとんどの間取りに対応できる工法になります。

窓の大きさや位置も比較的自由に選択できるので、開放感があり、採光・通風の良い家にすることができます。

●可変性がある
一度新築建築した後、家族構成の変化により、増改築などのリフォームを検討する時にも、ある程度自由に変更することができます。

●どんな土地にも対応可能
自由度・可変性が高いので、狭小地や変形地のような土地であっても、土地の形に合わせて建築することができます。

デメリット

fe995a9ae9dc8e550243eb164c0aa787_s
●完成度は大工さんの腕次第
今までは、木材を現場で加工して組み立てていたので、どうしても大工さんの腕次第で建物の強度などの完成度が決まると言われてきました。

しかし、最近では工場で木材を機械で加工するプレカット技術が普及し、現場では組み立てるだけなので、完成度も大差ないほどまでになりました。

●耐震性能が劣る
基本的に土台・柱・梁だけで構成されている在来工法は、地震時には揺れやすいという欠点がありました。

しかし最近は、耐震・制震・免震の強度を補う金具などの付属品が登場しているので、不安な方は追加すると良いでしょう。

まとめ

7edcd0b4a5e9d15ab909fa0f6ee2910a_s
いかがでしたでしょうか?

今回は在来工法(木造軸組み工法)の特徴とメリット・デメリットをご紹介してきました。

○在来工法のメリット
・自由度が高い
・可変性がある
・どんな土地にも対応可能

○在来工法のデメリット
・完成度は大工さんの腕次第
・耐震性能が劣る

今回は在来工法をご紹介してきましたが、工法は他にもあります。

住宅展示場や見学会をまわられる際は、間取りや設備、デザインに注目するのももちろんですが、工法をチェックしてみても面白いですよ。

家建てたいバナー

————————————–

お早めに見学予約されますと、もれなく
QUOカード500円分プレゼント!

住みたい家が見つかるかも!
土地+建物で月々5万円台~
サンタ不動産の分譲/建売住宅
https://www.ipasso.jp/tateuri/

住みたいエリアの土地はあるかな?
土地情報はこちら
https://www.ipasso.jp/tochi/

サンタ不動産の「i-passoの家」
の特徴は?なぜ安いの?
https://www.ipasso.jp/feature/ 

関連記事

  1. rain-20242_640

熊本の新築 おすすめプラン

アーカイブ