熊本で家を買う人のためのお役立ち情報ブログ

熊本でローコスト住宅を建てるなら「アイパッソの家」の一軒家。土地、中古戸建、マンションの不動産情報もブログで発信しています。土地探し、資金計画、住宅ローンのポイントなど、家づくりに役立つ情報も満載!

【複層窓】夏暑い・冬寒いを改善する1つの方法とは?快適な生活を送るために知っておくべきこと

この記事は約1分57秒で読めます

こんにちは!松浦です。

突然ですが、あなたはこんな経験ないですか?

夏の暑い日にエアコンをつけてもなかなか部屋が涼しくならない。

冬の寒い日に暖房で暖かくしているけど、足元や窓際は寒く感じる。

この現象、実は“窓”が関係しています。そして今回は、これらのイヤな原因を改善する方法をご紹介していきます。

どうして室内でも夏暑い・冬寒いになるの?

夏や冬にエアコンを付けていても、暑かったり寒かったりする理由は、“窓”が大きく関係しています。

熱入量.熱出量

上図のように、夏・冬ともに開口部(=窓)からの熱の出入りが一番となっています。

ですので、住んでいる空間に窓が多ければ多いほど、熱の出入りしやすくなるのです。

だからといって、熱の出入りを抑えるために、窓の数を減らそうとする考えはやめてください。

窓には、通風や採光、換気など、重要な役割がたくさんあるのです。夏暑い・冬寒いを防ぐために窓の数を減らした結果、通風や採光などができなくなり、結局住みづらい家になってしまいます。

では、どうすれば夏暑い・冬寒いを改善することができるのでしょうか?

窓を“複層窓”に変えましょう

849a963b273c7bb785f8ec3af840649c_s
複層窓とは、1枚の窓あたりのガラスが2枚もしくはそれ以上ある窓のことです。(ガラスが2枚の時は“ペアガラス”ともいいます。)

複層窓にすることで断熱性能があがるので、その結果熱の出入りを抑えることができます。

熱の出入りを抑えることで、室内の気温の変化も抑えることができるので、その結果エアコンの使用頻度や温度調節をこまめにしなくても良くなるので、電気代が安くなることがあります。

冬になると、多くの人が気になる“結露”。

窓がビッショリ濡れて、カーテンまで濡れてしまい、カビ臭くなってしまった経験はありませんか?

その結露の問題も、複層窓にすることで大きく改善することができるのです。

複層窓に変えることでのデメリットは1つ。費用がかかることです。

窓の数や大きさ、メーカーによって費用が異なりますので、相見積もりなどをしていくらかかるのか確認しましょう。

もし賃貸暮らしであるならば、窓を変えていいか大家さんに確認してください。

まとめ

73751f44f8bb87fff1814a0583422117_s
いかがでしたでしょうか?

窓を複層窓に変えるだけで、夏暑い・冬寒いを改善し、あなたの日々の生活を快適に変えてくれます。

もし、あなたの今の住まいの窓が単層窓であるならば、一度複層窓への変更をご検討してみてはいかがでしょうか?
家建てたいバナー

————————————–

お早めに見学予約されますと、もれなく
QUOカード500円分プレゼント!

住みたい家が見つかるかも!
土地+建物で月々5万円台~
サンタ不動産の分譲/建売住宅
http://www.ipasso.jp/tateuri/

住みたいエリアの土地はあるかな?
土地情報はこちら
http://www.ipasso.jp/tochi/

サンタ不動産の「i-passoの家」
の特徴は?なぜ安いの?
http://www.ipasso.jp/feature/

関連記事

  1. 593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s
  2. 544927
  3. icatchhigashioC43
  4. icatch19dd379778c5b6d55361e7bfe7432a0f_s
  5. search-1355709_640

熊本の新築 おすすめプラン

アーカイブ