熊本で家を買う人のためのお役立ち情報ブログ

熊本でローコスト住宅を建てるなら「アイパッソの家」の一軒家。土地、中古戸建、マンションの不動産情報もブログで発信しています。土地探し、資金計画、住宅ローンのポイントなど、家づくりに役立つ情報も満載!

【ライフスタイル】英国がEU離脱したら暮らしにどんな影響があるの?

この記事は約1分25秒で読めます

こんにちは!松浦です。

先日(2016年6月23日)に
イギリス国内でEUからの離脱の是非を問う国民投票が行われ、
過半数でEU離脱を支持する結果となりました。

71f9d66115df88801a805ebd37414824_s

英国のEU離脱が
私たち日本にとっては
何も関係ないと思っていませんか?

それは大きな間違いです!

私たちにどんな影響があるの?

日本は英国から
スコッチウイスキーやワイン、
チョコレートなどの食料品のほか、
洋服の生地などを輸入しています。

EU離脱の是非の国民投票後、
約3年半ぶりに円高ポンド安となりました。

円高水準が続くことで
輸入品の値下がりへとつながります。

「円高」になるとどうなるの?

「円高」になることで、
暮らしに様々なメリットやデメリットが生まれます。

メリット

・食品やブランド品など輸入品の値下がり
・燃料調達コストの低下で電気・ガス代が値下がり
・海外での買い物に便利、海外旅行の費用減少

デメリット

・輸出企業の業績悪化に伴う賃下げや雇用情勢への悪影響
・保有する株や投資信託の価格の下落
・訪日外国人の減少が景気の悪化要因になる

いつから反映されるの?

EUとの離脱交渉は2年程度とみられています。

そのため短期的は影響は「ないに等しい」といわれています。

旅行の手続きは「すぐには変わらない」(日本銀行より)と言われていますが、
旅行先では現に円高のため買い物や飲食などの費用は安くなります。

また、訪日外国人が減少する恐れがあるため、
「爆買い」が冷え込み、地域経済に影響が出て、
家計に悪影響が及ぶ可能性があるようです。

まとめ

このように日本は世界経済と強い繋がりがあり、
他国の情勢が変化すると、日本にも少なからず影響が出ます。

その影響は私たちの家計にも善悪関わらず影響を受けますので、
定期的に世界のニュースに目を向けることをオススメします。

そしてオトクな生活をしていただければと思います。

家づくりで
何かございましたら
こちらからお問い合わせください。
TEL:096-334-0007
http://www.ipasso.jp/tateuri_book_inq/

シアーズホームグループ
㈱サンタ不動産 i-passoの家

関連記事

  1. 834343ece034c5e44c3c4c2389b79847_s
  2. icatch742e754aea22a9328e06ec277a1929f0_s
  3. pexels-photo-534220

熊本の新築 おすすめプラン

アーカイブ